News
新着情報

新着情報一覧へ戻る

★兵庫県・神戸市エリアの昨対比、不動産取引は 減少した?

2020-05-24

我々不動産業者が、売却物件を受託した場合に義務付けられるキンキレインズのデータより、昨年と今年の取引件数などより、市況はどうなのかを調べてみました。
【戸建】
兵庫県全体の成約登録数が 2019年4月が335件 2020年4月が327件でした。
約3%の減少です。
【マンション】
神戸市6区の取引数は 2019年4月が84件 2020年4月が88件と 少し増加していました。

私の肌感覚では20%ほど、取引数が減少しているのではと感じておりましたが、コロナウィルスでの影響は現時点で少ないデータが出ています。
特に2500万での区分所有物件(マンション)では、今後も価格取引とも横ばい傾向ではと感じられます。

また関東圏のデータでは、千葉県、埼玉県で取引数の減少が顕著でした。

注意事項・・レインズの成約データは、売却登録会社で、成約登録が任意登録であるため、全取引が登録されていません。