News
新着情報

新着情報一覧へ戻る

★ 断熱材の打ちつけと防水の塗装のチェック。自社新築分譲住宅

2016-06-26

【神戸市東灘区住吉台 新築分譲住宅】
棟上げを終了後、断熱材を外壁内部へ打ち付けていきます。
また、各バルコニーへ防水シートを張って防水塗装を仕上げていきます。
施工のミスがないかを、チェックしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★断熱材 ロックウールの説明★
ロックウールについて調べてみました。
メーカーサイトから引用
快適住居空間を演出する住宅用ロックウール断熱材
夏涼しく、冬温かい…、四季を通じて快適に暮らすためには、外気の温度や湿度の影響を受けにくい“高断熱・高気密住宅”を造る必要があります。
住み心地のいい高断熱・高気密住宅を造るうえで最も大きな役割を果たしているのが、「住宅用ロックウール断熱材」です。

断熱性
微細なロックウール繊維の隙間に大量の動きにくい空気を含むことにより、優れた断熱性能を発揮します。「動かない空気の壁」をつくって、熱の移動を防ぎ、外気の熱さ、寒さもシャットアウトします。

耐久性
水に強い樹脂バインダーを使用し、経年変化がほとんどないため、温度のムラのない、高い断熱効果を長期にわたり維持します。

耐水性
吸水性が小さく脱水性が高いため水を抱え込みにくいというロックウールの特性に加え、製品の片面に防湿性の高い防湿層を施すことにより、躯体腐食の原因となる内部結露を防ぎ、優れた断熱性能を維持します。

防火・耐熱性
ロックウールは火に強く、基材自体の持つ防火性(耐熱性)により、万一の火災時の延焼や類焼から住まいを守るのに大きく役立ちます。

防音・吸音性
住宅用ロックウール断熱材は、繊維間に詰まった空気が音のエネルギーをしっかり吸収します。この優れた防音・吸音性能が、心からくつろげる静かな居住空間を生み出します。

安全性
ロックウール住宅用断熱材はJIS A 9521ホルムアルデヒド放散による区分で、「F☆☆☆☆等級」に適合します。この等級区分は、ホルムアルデヒドの放散による建築材料の使用制限を受けません。

【神戸市東灘区住吉台 新築分譲住宅】 【神戸市東灘区住吉台 新築分譲住宅】 【神戸市東灘区住吉台 新築分譲住宅】 【神戸市東灘区住吉台 新築分譲住宅】